【2021】【初心者】【インストール】The Thor(ザ・トール)には目次機能がある。初心者に必要なのか?

  • 2021年12月2日
  • 2021年12月3日
  • 未分類
  • 10View
  • 0件

最初は誰だってわかりません。ようやく、そこそこ機能がわかってきたものの、まだ完璧ではありません。あとは実践あるのみ

目次機能は面倒くさいけど必要

目次機能があるブログ見たことがありませんか?どうやって作るんだろう?って思いませんか?確かプラグインの「Table of Contents Plus」でできるはずなのですが、このページを見てる人はThe Thor(ザ・トール)に興味がありますよね? それに初心者だからプラグインとかよく分からない・・・。という人もいるかと思いますので、図解入りで解説したいと思います。

>>全部入りの有料テーマThe Thor(ザ・トール)のページに行ってみる

全部入りの有料テーマThe thorを体験してみよう!

目次機能の設定箇所

WordPressメニュー > 外観 > カスタマイズ > 投稿ページ設定> 目次設定 という順でたどっていってください。 ここに設定項目があります。

デフォルトで表示しない設定になってるので、これを「表示する」に設定します。

これで目次機能は使えるようになりました。後は、コードを貼り、段落を設定すれば目次を作る事ができます。

設定項目

設定項目 内容 おすすめ設定
目次を表示するか選択 目次を表示するか設定します。 表示する
目次を表示するための最小見出し数を指定 見出しが○個以上あれば、目次を表示するか設定します。 2
目次に表示する見出しのレベルを指定 H2~H5まで、どこまでの見出しを目次に表示するか設定する 3
目次パネルをデフォルトで閉じておく 目次を最初から表示しておくか設定するかどうか 任意

目次の書き方

目次機能はどこに書けばいいの? ビジュアルエディタ画面で、

ショートコード >  目次

を設定すれば使えます。

エディタの画面に、

という、[outline]という文字がでたら設定完了です。 後は段落ごとに、ページ内リンクに行く目次が自動的に作られます。

この様に。

まとめ 目次機能は初心者に必要か?

この様にうまく使えば、思い通りの目次を使ってユーザーを誘導させることができるので、是非、目次機能使いこなしてください。

設定さえ済ませてしまえば、あとは、ショートコードを貼り付けて、段落を設定するだけです。

目次は簡潔に意味だけ網羅しましょう。長ったらしい文章は機能がよくわかりません。名付けが大事ですが、僕も目次を考えるのは面倒なのですが、貴方の収益のためしっかり構成を考えて作りましょう。

後から変える事もできますしね。とりえず文章だけ構築して、後で見た目を再構築でも無問題。構成を考えて太り過ぎても駄目だし、痩せ過ぎても駄目です。バランスが大事なのですね。

初心者の方は考えられないと思いますが、難しい事は必要ないです。必要最低限+αで貴方のアフィリエイト記事は完成します。意味のわからない独特な文章より、ノーマライゼーション。

標準化に向けて書くことも大事です。

初心者の方はまだ構成の書き方を知らないと思うので戸惑うかもしれませんが、構成ができなかったらとりあえず、新しい記事を書いてみるのも手です。

書いて反応の良い物だけ残して再構築してみましょう。グーグルのインデックスには乗ってるのですから

是非、センスの良い文言を考えてくださいね、貴方の収益応援してます!

>>全部入りの有料テーマThe Thor(ザ・トール)のページに行ってみる

全部入りの有料テーマThe thorを体験してみよう!
最新情報をチェックしよう!